速報!

  2012年センター試験 国語 古典問題 =


【 古 文 】 


 出典は『真葛(まくず)がはら』近世の作。大筋の流れは極めて理解しやすい。重要古文単語の文中での出現率や設問のレベル設定等も順当であり、きちんと古文を学んでいる学生なら、かなりの高得点が狙えたはず。

問1 語釈(ア) 高き手ぶりをも見あきらめばや

答は⑤。高雅な筆づかいをもはっきりと見きわめたい

*直単A名42「手」=筆跡。古文公式37②未然形+ばや(~たい)の知識からこれ以外あり得ず、易しすぎて差がつかない問題。

問1 語釈(イ) いとはしたなりと思ひ屈しつつ

答は④。実にきまりが悪いと気落ちしながら

*直単C形64「はしたなし」(=中途半端できまりが悪い)と同義であること、また直単A動25「くんず(屈ず)・くす」(=ふさぎこむ)の知識から答えは④。選択肢②の「まことに体裁が悪いといらだちながらも」も「はしたなり」の意味としては合致するが、末尾の「いらだちながら」は「屈しつつ」の意味とは異なる。

問1 語釈(ウ) 本意にもこえて事なりぬれば

答は②。かねて願っていた以上に成果を上げることができたので

*直単A名49「ほい(本意)」(=本来の希望)の意をあてて、「本来の希望以上に(~を越えて)事が成就したので」ととれば、②以外で迷うものはない。

以上15点。

問2 文法問題

○ かの宮人つぶさに(陸奥の鷹飼の志を)聞きて、「いと不便なりつることかな。おしなべては叶(かな)ひがたきことなれど、志の深さには高き卑しきけぢめもなきものぞ。我よくこととり申さん」と、うけがは
たるに、

*「うけがふ」(肯ふ)は〝承知する・承諾する・請け合う〟の意。母音がア音+「れ」なので、公式2となり、尊敬の助動詞「る」の連用形。

○ 琴を送られしが、弦(げん)一筋ある琴
なりき。

*公式45「なり」の識別参照。「一筋ある琴
であった」とよめて、断定の助動詞「なり」の連用形。

○ 二筋に落つる涙も一筋の玉の小琴にかけ
けるかも

*公式42「に」の識別により、和歌の大意がわからなくても、「~にき・~にけり・~にけむ・~にたり」は完了「ぬ」の連用形で決まり。

○ 元結を一筋ひきかけて、調べ給へ
よりはじまりて、~

*公式55の上部のまる注に書いてある「給へるは謙譲の給ふではない!」の知識によって動詞の活用語尾という選択肢は排除できる。公式6完了の助動詞「り」の連体形。総じて易しい。問2の答は⑤。

以上5点。

問3 傍線部X「行く先をようもたどらで」とあるが、この部分から陸奥の鷹飼いのどのような一面が読み取れるか。

答は②。自分の夢をかなえるための現実的な手段をあらかじめ検討せずに、突然思い切った行動を取ってしまうような、無鉄砲なところがあるということ。

*原文4行目には〝高き手ぶりをも見あきらめばやと、
ゆくりなく思ひおこして〟とあり、直単C形79「ゆくりなし」(=突然・思いがけず)の意味からも、②の説明が支持される。

 また、原文5行目下には〝かくといひよらん
たづきもなく〟とあり、直単A名34「たづき」(=よりどころ)の意から、男には書の指導を頼めるような高貴な家柄との縁故もなかったことがうかがえる。

 したがって、選択肢①「いきなり高貴な宮家に押しかけてしまうような」、④「いざとなると高貴な宮家の門をたたくことに怖じ気づいてしまうような」などの表現は不適切。

 また傍線部Xは男がおほけなく(B形27=身分不相応にも)書を学びたいと上京したことをもって「行く先をようもたどらで」といっているのであるから、夢をあきらめた失意の状態とは直接結びつかず、その点で選択肢③・⑤は落ちる。

以上7点。

問4 傍線部Y「いと不便なりつることかな」とあるが、この言葉には宮人のどのような気持ちがこめられているか。

答は①。陸奥の鷹飼いがどれほど強い向上心を持っていようとも、身分が低すぎるために教えを受けることができず、結局は何の成果もないまま帰郷しなければならないという話を聞いて、その境遇に同情する気持ち。

*直単C形66*「びんなし」(=①不都合だ ②かわいそうだ/不便なりも同じ)の知識から、ここでは「かわいそうなことかな」の意。選択肢④の後半「身分の違いがある以上どうすることもできないものだとあわれに思う」も「不便なり」の語感に近いが、原文12行目に「志の深さには、高きいやしきけぢめ(直単Eその他11=区別)もなきものぞ」とあって、この傍線Yの発言者自身が身分の違いを「どうすることもできないもの」と宿命的にとらえているわけではないことがわかる。したがって内容的にずれていると判断できる。

以上7点。

問5 A~Cの和歌に関する説明として最も適当なものを選べ。

Cの歌 二筋に落つる涙も一筋の玉の小琴にかけにけるかも

答は④。Cは、作者が陸奥の鷹飼いになりかわって詠んだものであり、両目から流れ落ちる涙の「二筋」と、Aの琴の弦の数である「一筋」を対比しつつ、思いがけない事態が発生したことへの感慨にひたる内容になっている。

*この問いは消去法で④以外がすべて落とされるので、結果として④が正しいとすれば、原文27ページ2行目下の「その心にかはりて」の意は、
作者が陸奥の鷹飼いになりかわってB・Cの歌を詠んだと逆算的によめるといった構造の設問。
 ①の「Aは、持明院の宮の宮人が詠んだ」は誤り。〝これに歌を添えよ〟と命じたのが宮人であり、それに応じて鷹飼いの男がAの歌を詠んだのである。
 ②の〝「ひ(弾)き」という語に宮人が自分を引き立てて優遇して下さったの意を掛ける〟という解釈は誤り。Aの歌の主語は一貫して鷹飼いの男の立場で詠まれており、〝(
あなた様が)私をお引き立ててくださって〟と主語を宮人に転換して読む余地はない。

 ③「売りに出した家が任務を終えて戻ったときには
なくなっているかもしれない」は、確定した事実に異なる。
 ⑤の「一家の主(あるじ)が立派な仕事を任されたことの誇らしさ」は、辺境の地に行かされる男の悲哀と矛盾する。

以上8点。

問6 この文章の表現の特徴と内容について最も適当なものを選べ。
答は③。陸奥の鷹飼いが一念発起して書道を学び終えるまでの心の動きが、「ゆくりなく思ひおこして」「しなへうらぶれつつ」「うれし」などとつぶさに描かれた後に、一転して、幕府の方針で辺境に行かされる経緯が心情表現を伴わず淡々と記されることで、かえって現実の厳しさが際立ち、人生の悲哀が伝わってくる。

*選択肢①の「笑いと涙」、②の「立身出世をとげ」、④の「貴族社会に積極的に溶け込んでいく様子」、⑤の「古代の文化にあこがれる陸奥の鷹飼いの性格が顕著に示され」などが誤り。

以上8点。

 総じて難なく標準的で易しい問題。木山の古文公式の得点寄与率は
34点だが、その他の学生も順当に得点化していることが予想されるので、古文の平均点はかなり上昇するのではないか?!

追記…センター後の代ゼミ各クラスの学生たちの報告を聞いてみると、実際にはそれほど古文の点数は伸びておらず、特に後半の和歌の説明、または全体の内容の把握に関わる問6などで失点している学生が多いようです。
 したがって、一見易化しているように見えた今回のセンター古文も、実際にはそれほど
高得点ばかりともいえないといった印象を持ちます。

追記…木山方式のクラス在籍者の中で、古典満点(100点)の学生は、報告を受けた限りでは2名。京大理系と東大文系のそれぞれ男子の学生です。

追記…上の2名の学生は、それぞれ京都大学、東京大学に合格しました。


【 漢 文 】  

 出典は蘇東坡(そとうば)=蘇軾(そしょく)の寓話。

問1 (1)「未 幾」の意味は?

答は⑤。まもなく

*漢単A13「幾」(=いくばく)の知識から「いまだいくばくならずして」とよむ。「幾」のよみ方は他に「ちかシ」「ほとんド」があるが、選択肢に該当するものがなく、文脈上も意味通じず。

問1 (2)「交」の意味は?

答は②。かわるがわる

*「交」の副詞よみは「こもごも」。木山の漢単には載せていないが、文脈上、左右の者が交互に問うの意味は推察できたのではないか。

以上8点。

問2 傍線部A「有 蛇 螫 殺 人、為 冥 官 所 追 議、法 当 死」の返り点の付け方と書き下し文との組合せとして適当なものを選べ。

答は① 有
蛇 螫 殺 人、為 冥 官 所 追 議 、法 当

蛇有りて螫(か)みて人を殺し、冥官の追議する所と為り、法は死に当たる

*漢文公式20受身A②白文中の「為――所」
タメトコロは受身形とくり返し覚えたあれ!ここを「~の~する所と為(な)る」と正しくよんでいるものは選択肢①しかなく、きわめて簡単。

以上6点。

問3 傍線部B「誠 有 罪、然 功、可 以 自 贖 」の解釈として最も適当なものを選べ。

答は②。たしかに罪はあるのですが、私には功績
あって自分自身で罪を償うことができます。

*漢単D12亦(=まタ/同類の事物を列挙する意。~
亦タと上に「モ」を送ることが多い)と、漢単A3贖(=あがなフ/代価を払って求める)の知識から、答は②。

以上6点。

問4 (ⅰ)本文中の二箇所の空欄 X にはどちらも同じ語句が入る。その語句を①~⑤のうちから一つ選べ。

① 得

② 不

③ 有

④ 得

⑤ 治


*漢単D16免(=まぬがル/まぬがれる)の知識と、文脈上どちらの空欄Xも〝まぬがるるをう=罪をまぬがれることができた〟とよめるので答えは①。
 また近年「免」は早稲田などの主要大学に出題されており、要注意の語句であることは木山方式で何度もくり返し述べたとおり。

以上5点。

問4 (ⅱ)と問5は文脈全体の解釈に関わる問題なので説明はパス。

問6 傍線部D「汝 為 人、何 黄 之 有 」の書き下し文として最も適当なものを選べ。

① 汝の人と為(な)り、何(いづ)れの黄の有る
② 汝は人の為(ため)に、何(なん)ぞ黄の之(こ)れ有らん
③ 汝は人為(た)り、何(なん)の黄か之(こ)れ有らん
④ 汝は人を為(つく)りて、何(なに)をか黄の有るや
⑤ 汝の人を為(をさ)むるや、何(いづ)れに黄の之(ゆ)く有るか

*漢文公式9「為」の訓み方A~Gを参照。①は「人と為り=人柄」となっているが、文意がつながらず×バツ。②の「人の為に」は直後の点が不適切。公式9Aにあるように、「~のためニ」とよむ場合は、前置詞として述部にかかっていくのが基本であるから、一文構造であり、「~のためニ」の直後に点を付けて連文にする必然性はない。また、「~のためニ」一文構造であるから、疑問副詞の何(なん)ゾ」は「為
人」の上にきて「なんぞ人のために~」とよむべき。

 ④の「為(つく)リ」、⑤の「為(おさ)ム」のよみが白文問題で問われることはまずないと公9の解説で言い切ったとおり、文意的にも合致しない。

 答は③。汝は人為(た)り、何(なん)の黄か之(こ)れ有らん。

 「為」は断定の意であり、下の文は倒置形になっており、倒置の印としての「之(こ)レ」を除いて普通の文にもどせば「何の黄か有らん」または「何ぞ黄有らん」などとよめる。(漢文公式3倒置を参照)

問7は全体の解釈なのでパス。

 漢文も標準的であるが、漢文語彙や句形をしっかり覚えていなければ意外なところで失点するかもしれず、微妙なレベル。木山の漢文公式の得点寄与率は
26点。古漢合わせた公式の得点寄与率は34点+26点で

【100点中/60点】

 例年どおりのまあまあの比率である。〆切クラスなども出たセンター国語OVER180などの予想問題で、上記のような
ダイレクトな得点寄与率の実証が60%を超えるかどうか、比較してみてほしい。





【 2011年度冬期センター国語OVER180の得点寄与率 】

 毎年、センター国語OVER180の講座は、第1回・第2回が現代文、第3回・第4回が古文、第5回が漢文の予想問題で構成される。

 第3回は、軍記「平家物語」巻七・経正都落(つねまさみやこおち)の冒頭を用いた予想問題。本文中に用いるすべての古文単語中、今回の本番入試に直接ヒットするものは一つもなく、文法問題も敬意の方向を問うており、これも今回の本番とは無関係。

 第4回は、仏教説話「発心集」第六の九・宝日上人、和歌を詠じて行とする事の全文。単語のヒットはなし。文法は問2の波線部D「かすみわたれる」の末尾の「る」が完了存続の助動詞「り」の連体形となり、今回の本番センターの問2のdとまったく同一問題といえる。

 第5回は、明代の怪談「牡丹灯記(ぼたんとうき)」の一節。漢文語彙・句形ともに設問化されているいないに関わらず、本文のすべてを網羅しても、今回の本番センター漢文にヒットするものは皆無。

 したがって、OVER180の5日間の講義が本番センターに対して得点寄与したといえるのは、古文文法の1箇所のみであり、abcdの4箇所の文法をセットで問うている本番センター問2のdのみにダイレクトに寄与したといえる。
 本番での問2の配点は5点であり、その5点の4分の1の得点率ということになって、結果は

【100点中/1.25点】

 木山方式との差は歴然である。この結果を受講生はどう見るのだろうか。直前にセンターの予想問題をやることの意義は、
結局、形式に慣れるということのみに尽きるのであり、本番への得点化にはほとんど寄与しないということは、木山が年来言い続けているところである。

 しかも、時間配分や設問形式に慣れることが目的であるのならば、パック本を二冊ほど買うのがよく、金額的にもそちらのほうが安く済む(2000円)。それで全科目の予想問題にヒヤリングのCDまで付いて、しかも国語の演習量は、OVER180の現2・古2・漢1(=5題)に対して、現4・古2・漢2(=8題)とお得である。
 
 センター直前の冬期講習で5日間のうち4日間は大問を1題もやらずに、直接ダイレクトにヒットする知識の確証化をくり返しくり返しやった木山方式の結果の
60%と、直前であるからとにもかくにも実戦的なセンター予想問題をやるしかないと考えた結果の1.25%と、その労力対効果の度合いを虚心に考えてみてほしい。





私は昨年6月から京大古文を受講していた男子生徒です。木山先生の授業は確かに厳しく感じられましたが、三学期の最後の授業まで受け続けたことで、古文がおおいに得点源となりました。第一志望の京都大学は残念ながら不合格となりましたが、先生のおかげで早稲田大学政経学部・一橋大学後期の合格をつかむことができました。現在は一橋大学社会学部に進学しています。本当にありがとうございました。
〔 一橋大学 社会学部/慶応大学 商学部/早稲田大学 政経学部 合格 〕

理系の人にこそ木山先生の授業はおすすめです。センターでしか使わないのに、こんなに厳しい授業はいらないという考えは大間違いです。センターでしか使わないからこそ授業中に古典の勉強を済ませてしまうべきです。
実際、私も木山方式のおかげで、センター直前には他教科にかなりの時間を使うことができました。先生についていけば絶対に勝てます。現役のころを振り返ってみると、英単語は必死に暗記するのに、古文単語は何となく覚えているだけでした。先生に出会って、古典単語や文法などの基礎をしっかりと暗記すれば、古典は誰でも読めるようになると実感しました。
私は将来、中学校の教師になるのが夢です。先生のように真の意味で生徒の役に立てる教師になりたいと思います。
                     〔 弘前大学 教育学部理科専修 合格 〕

生徒に一人一人当てて答えさせる授業なので、緊張感を持って一年間受験に取り組むことができました。この授業無くして合格はなかったと思います。一年間休まず続けて本当に大正解でした。センター国語178点。
〔 千葉大学 法経学部経済学科/明治大学 政治経済学部経済学科合格 〕

今までありがとうございました。古文単語の暗記が最後まで効きました。古文が本当に武器になったと思います。後輩へのアドバイスとしては、ハイレベル古文と木山先生の授業をうまく両立できれば非常に有効だと思います。
                           〔 国学院大学 文学部 合格 〕

英語と同じで古文も単語の正確な意味既定と文法の知識が一番の基本だと実感しました。その点で本番入試でも古文公式は大変助けになりました。ありがとうございました。
                        〔 京都大学 総合人間学部 合格 〕

○○校の京大理系コースに在籍していた者です。木山先生のおかげで防衛医科大学校に合格することができました。先生の授業を受けてみて、私は、語学というものは(古文に限らず)基礎的な語彙・文法・背景知識に正確に習熟し、その上で実際の文章を数多く丁寧に読み進めることが大事だと思いました。私は冬期の先生の『サクセス!最強古文・漢文』で古文漢文公式を初めて得たのですが、このような資料をもっと早く手に入れたかったと思います。先生は他の先生に比べて大変厳しいですが、最後まできちんとついていけば必ず成果が上がると思います。
                             〔 防衛医科大学校 合格 〕


                  もどる