【古文公式・漢文公式の入手


  の方法と資料の内容】



  


木山方式で用いる「古文公式」「漢文公式」を手に入れたい人は、ヴェリタス[受付]講師室の木山宛に、郵送先の郵便番号・住所・氏名を明記した手紙を封書で送って下さい。ハガキより封書の方が望ましいです。


 

〒113-0033
東京都文京区本郷2-40-1 本郷東急ビル3F
VERITAS [受付] 講師室
木山 一男


その際、郵送代金や切手などを同封して送る必要はありません。

【注】返信用の代金や切手などを同封する必要はありませんが、そちらからVERITASあての封書を投函する際には、もちろん封書の表に82円切手を貼って投函して下さいね。

又、公式を自学自習する際の補助資料をいくつか添えて送りますので、志望大学・学部・文系理系の情報などを明記して下さい。それによって補助資料を取捨選択して送ります。

このホームページをご覧になっている方はどなたでも要請できます。(高3生、既卒生、それ以外でも、木山方式に興味を持たれた古典の教師の方や、高校1・2年生の保護者の方など、どなたでもOKです。)

私は学期の間は週一回しかVERITASに出校しませんので、送られてきた封書を手にして、公式・資料を発送するまでに時間がかかる場合があります。

又、夏期講習会や冬期講習会の間は2~3週VERITASに出校しない場合があり、その場合も発送が遅くなります。(もちろん、時間がかかっても必ず発送します。)

地方で木山方式を利用される方は、受験後、ハガキなどで合格情報・公式利用の感想など木山宛に送ってくれれば嬉しく思います。






《2020年3月20日までに

学生から届いた報告》




この度、第一志望であった立教大学・現代心理学部に合格が決まりました。そのほか明治大学・文学部、法政大学・社会学部にも合格しました。立教の個別学部では、「かしづく」「あながちに」の意味を問われ、全学部では、「すくせ」を漢字に直せという問題が出て、すべて答えることができました。
 明治の文学部、全学部、法政の社会学部にも文学史の問題が多数出題され、木山先生の '' カナブン " を暗記していたおかげで、全て即答できました!本当にありがたかったです。
 入試会場でも先生の古漢公式で最後の確認をしました。自己採点をしたところ、第一志望の立教の古文は満点でした。この点数でなければ、合格ラインに届いていなかったと思います。ずっと学びたかった分野の大学に合格することができました。本当にありがとうございました。これからも学業に努めていきます。
          【立教大学・現代心理学部 合格】



○○○○○で大変お世話になりました。この春、早稲田大学・文学部に進学することになりました。 私は古漢の勉強は、いつも木山先生の資料中心に進めました。早稲田入試でも、先生の資料からたくさん出題されました。文学部では、古文背景知識で '' 死ぬに死ねない我が身への嫌悪 '' といった当時の人々の考え方を知っていたので、問17の2問を正答できました。
 他学部では、人間科学で、先生の直単で暗記した「敷島の道」、教育で「うつし心」「反古」「水茎の跡」、商で「させる事」「の」の識別がでました。資料で学んだことにより、本文を読まずとも答えられるものが多く、時間をかけずに即答できました。
 私は小テストの勉強もおろそかにしてしまうタイプでしたが、木山先生の資料をやれば確実にのびるという思いと、授業中当てられたとき間違えたくないという緊張感があったので、手を抜かずやり切ることができました。予備校の体験授業や短期の講習会に行っても「伸びるとは思えない、自分には必要ない」と感じて、それ以上通いませんでした。
 先生にご指導いただいて、本当に良かったです。
          【早稲田大学・文学部 合格】



大変ご無沙汰しております。報告が遅くなってしまい申し訳ありません。先生のおかげで第一志望のお茶の水女子大学・生活科学部心理学科に合格しました。上智大学は補欠合格でした。お茶の水の古文では、現代語訳で「かたみに」「おぼつかなし」、文中では「心もとなし」「さはれ」などの直単がそのまま出ていて、解釈や得点化に役立ちました。
また、漢文では、「美 哉、〜也。」の形が出ていました。
1年間、Yサピックスで本当にお世話になりました。ありがとうございました。コロナが落ち着いたら、大学に行くのが楽しみです。
     【お茶の水女子大学・生活科学部心理学科 合格】
         

【木山コメント】私はこの学生さんに教えるようになって、初めてお茶の水女子大学の評論問題を十数年分演習しました。同大学の評論は哲学系の文章が多く、存在論や現象論、認識論など、我々の日常の思考モードに再考をせまるような設問が少なからずあり、非常におもしろいと感じました。哲学的な思考の練磨としては最適だと思います。この学生さんも哲学が好きな方でした。          



国公立大学の医学部に合格することができました!場所は、旭川医科大学です。これまで努力を続けてきて本当に良かったです。
 やっと一息つけます。今年は私立の医学部も受けましたが、三校ほど合格をいただいています。先生には、昨年来いろいろとお世話になりました!
          【旭川医科大学・医学科 合格】



東大は残念ながら不合格でした。先生の期待に応えられなかったのは悔しく思いますが、添削通信を通して、私は東大国語の記述力を向上させることが出来たと感じています。本当に感謝しています。この数ヶ月間ご指導いただきありがとうございました。
          【早稲田大学・国際教養学部 合格】



東大の結果を申し上げますと、不合格でした。約一年近く、多くの時間を費やしていただいたにも関わらず、良い報告が出来ずに残念です。
国語はセンターと東大2次で受験しましたが、特にセンター試験で良い点数が取れたので波に乗れた気がします。私大はセンター利用で、早稲田大学・先進理工学部に合格しました。後期試験は、コロナウイルスの影響で、センターの得点のみで合否が決まることになり、こちらも無事に合格することができました。1年間、添削通信をしてくださり、ありがとうございました。
          【北海道大学・工学部 合格】
          【早稲田大学・先進理工学部 合格】


このたび、おかげさまで明治大学・文学部に合格することができました。自分のやりたい学問(演劇学科)を学べるということもあり、4月からの大学生活が楽しみです。
明治大学・文学部では「琴後集」から傍線部解釈、文法、和歌の修辞に関する設問、同時代の文学作品を選ばせる選択問題などが出ました。漢文は、広瀬淡窓の「李白の像に題す」で、漢単に載っていた単語の読み・意味などが問われました。
先生のおかげで今の私があります。大学でも日々頑張ってまいります。
          【明治大学・文学部 合格】








公式資料A4ファイル-ゴムひも付き
(カラーの指定はできません)


     
古文公式・漢文公式を
合本にしたクリアファイル一冊

   

№0 動詞活用の完璧バージョン
(音声ダウンロード作成中)



№1 木山の直単ABCDE覚え方の
ヒント書き込みA3デカ版
(音声ダウンロード有り)



№2 助動詞・敬語法・文法チェックリスト
(音声ダウンロード有り)



№3 「に」「なり」の識別の解説
(音声ダウンロード作成中)



№4 公式62・63・64和歌修辞
(音声ダウンロード有り)



№5 文学史の覚え方
(音声ダウンロード有り)



№6 読解力をつけるための
チェックシート



№7 木山の漢単ABCD覚え方の
ヒント書き込み カラー版
(音声ダウンロード有り)



№8 漢文公式チェックリスト
(音声ダウンロード有り)



№9 漢文連用中止法の解説



№10 漢文公式8①②③
「以」の解説



【センター・センター模試古典問題/
木山方式による分析記事の例】



【京大・東大古典問題/
木山方式による分析記事の例】



【早稲田古漢・古漢融合問題/
木山方式による分析記事の例】





公式資料を入手した人へ・
木山方式のやり方と手順について

【古文のやり方】 

 プリント資料№0「動詞の完璧バージョン」を読んで理解し、暗記すべき箇所は確実に暗記した上で、最後のページの練習問題を8割程度正答すること。

もし8割以下であれば、もう一度やり直して下さい。基本的な動詞の活用がすらすらと言えないと、後の文法問題でつまらない凡ミスを繰り返すことになります。

 プリント資料№1「直単A面~E面(A3サイズ版)」を手元に広げて、私のホームページ上の〝木山の直単450!音声ダウンロード〟のA面からE面までをすべてしっかり聴いて単語の意味をそらで言えるよう暗記すること。(各領域の解説時間は9分~18分・計264分=4時間24分)

ランダムに当てられる状態で8割程度そらで正確に答えられるよう暗記を徹底して下さい。暗記が完成しているかどうか、ホームページ上の
〝暗記のチェック練習!そらで答えられるか試してみよう!〟の「木山の直単A~E面の暗記チェック」(14分~33分)を利用することもできます。

直単の音声解説ばかり聴き続けるのが単調すぎて眠くなってしまう人は、例えば、音声ダウンロードのAB面の解説を聴いた後、すぐに〝暗記のチェック練習!そらで答えられるか試してみよう!〟「AB面のチェック」に進むといった具合に、解説とチェックを交互にやるとよいでしょう。

単語の暗記にはかなり時間がかかります。少しずつ間を空けながら継続的に暗記を繰り返して下さい。一週間で何とかしようなどと考えないことです。しっかり定着するには2~3ヶ月かかります。

 古文単語が8割程度完成したら、プリント資料№2「助動詞・敬語法・文法チェックリスト」の一問一答にそらで正確に8割程度答えられるようになること。手元にプリント資料№2と古文公式を開いて、ホームページ上の音声解説〝助動詞・敬語法・文法チェックリスト!音声ダウンロード〟(16分~34分 計215分=3時間35分)をしっかり聴いて理解して下さい。

その際、
プリント資料№3「古文公式42『に』の識別の解説」/古文公式45『なり』の識別の解説」も併用しますから、内容をしっかり読んで、暗記すべき箇所は確実に暗記すること。

暗記が完成しているかどうか、〝
暗記のチェック練習!そらで答えられるかどうか試してみよう〟の「助動詞・敬語法・文法チェックリスト(18分・19分・26分)」を利用することもできます。

最後の仕上げにプリント資料№3´文法識別練習問題に載せられた実際の入試問題38題解答付きを見て、正しい答に納得できるかどうか試してみて下さい。これも〝暗記のチェック練習!そらで答えられるかどうか試してみよう〟の「
文法識別練習問題(23分・27分・6分)」を利用できます。

【これ以降の進め方については、例えば、週に1回2時間を古典の勉強に費やす場合、最初の1時間は以前やった暗記の練習、後半の1時間は新たな暗記領域に進むといった具合に、以前暗記した領域の復習と新領域の暗記とを上手く組み合せながらバランス良く進んで下さい。】

 上記が8割程度完成したら、次にプリント資料№4「和歌修辞カラー版」を手元に広げて、ホームページ上の〝古文公式62・63・64和歌修辞解説ダウンロード〟を聴いて内容をしっかり覚えること。

これも近日中に暗記のチェック練習!そらで答えられるかどうか試してみよう!に和歌修辞の暗記チェックをアップする予定です。


 1~4の内容暗記がだいたい8割程度完成したら、プリント資料№11「古文背景知識№1~№12」を手元において、ホームページ上の〝古文背景知識音声ダウンロード〟を聴いて内容を理解して下さい。
文脈理解のヒントになるという点では極めて重要です。これも近日中に暗記チェックの練習!そらで答えられるか試してみよう!に背景知識の暗記チェックをアップする予定です。

 古典文学史が必要な人は、プリント資料№5「文学史の覚え方」を一読した上で、古文公式の文学史年表を開いて手元に置きながら、ホームページ上の〝文学史音声解説ダウンロード〟をしっかり聴いて暗記して下さい。
暗記のチェック練習!そらで答えられるかどうか試してみよう〟の「
文学史の暗記チェック(21分・16分・11分)」も利用できます。

 以上の1~5、または1~6の暗記が8割程度完成したら、プリント資料№6(緑色の紙)に紹介したような、文脈と大意をすばやく把握する勉強法を試してみるのもよいでしょう。古文だけでも40題の記入欄があります。



以上、1~5、または1~6の内容がすべて完了し、公式内容のどこを問うてもスムーズに答えられるようになるのに、古文のみでも大体2、3ヶ月はかかります。(1週一回120分授業の場合)

また一度覚えてしまっても大幅に時間をあけてしまうと、急速に忘れてしまいますから、木山方式では授業の最初の40分~60分間で、1~5の各暗記チェックをくり返し行っています。もちろん何度も繰り返すうちに、最初の頃に比べれば負担はどんどん軽くなっていきます。

公式暗記が完成した後では、学生はほぼ自力で解けるようになりますから、過去問や予想問題の制限時間内の演習をくり返し、8割程度の得点が取れているかどうかを確認しつつ、失点した箇所のみを解説するというスタイルで、毎年かなりの問題数を消化しています。

個人で木山方式を独習する人も、同様に1~5の暗記チェックをくり返しつつ、過去問や予想問題を時間内に解く練習を繰り返して下さい。


【漢文のやり方】 

 まったくの漢文初心者は、プリント資料№12〝返り点・書き下し・読み方の順番〟を一読して理解した上でスタートして下さい。

 まずプリント資料№7「漢単200(カラー版)A面~D面」を手元に置きながら、
ホームページ上の音声解説〝木山の漢単200!音声ダウンロード〟(16分~37分 計174分=2時間54分)をしっかり聴いて、また必要であれば雑記帳などに該当の漢字を走り書いてみたりして、その読み・意味・用法を8割程度そらで答えられるように暗記を徹底して下さい。

これも〝
暗記のチェック練習!そらで答えられるかどうか試してみよう!〟の「漢単の暗記チェック(17分~22分)」を利用することができます。
直単よりも早く覚えられると思いますが、それでも1ケ月ぐらいはかかります。

 上記が完成したら、次にプリント資料№8「漢文公式チェックリスト」の一問一答に正確に8割程度答えられるようになることです。プリント資料№8「漢文公式チェックリスト」と漢文公式を開いて手元に置きながら、ホームページ上の音声解説〝漢文公式チェックリスト!音声ダウンロード〟(9~35分)をしっかり聴いて下さい。

この際、
プリント資料№9「漢文白文問題における連用中止法の解説(漢文公式11のABC)」、またはプリント資料№10「漢文公式8①②③の解説」などを併用しますので、内容をしっかり読んで理解下さい。
これも〝
暗記のチェック練習!でそらで言えるか試してみよう〟の「漢文公式チェックリスト(17分~20分)」を利用できます。

 1・2の内容暗記が8割程度完成したら、公式ファイルの一番後ろに入れられている『漢文背景知識No.1~No.3』をしっかり読んで理解して下さい。読解のヒントになるという点で極めて重要ですし、よく頻出する汎用性のある知識です。

 上記の1~3が8割程度完成したら、プリント資料№6(緑色の紙)に紹介されているような勉強法を試してみるのもよいでしょう。文脈の大意をとらえる練習です。漢文問題で40題の枠があります。



以上、1~3の内容がすべて完了したら、あとは古文と同様に、各暗記領域の復習を定期的に繰り返しながら、過去問や予想問題の演習を続けて下さい。8割以上の得点化ができるかどうか常に確認しつつ、また暗記があやしくなり始めたら、その都度1・2のチェックへと戻って下さい。

古漢あわせてすべての項目が完了するのに、Yサピックスの東大クラスでも大体4ヶ月~5ヶ月かかります。一気に完成させようと焦ったりせずに息長く継続することが大切です。

暗記の効果はお便り記事の分析記事などで、できる限り実証的な形で紹介していますから、疑念が生じたら、センター・東大・早稲田の分析記事を読み返してみて下さい。。









もどる